2016年05月29日

鉄人28号

tetsujin-anime1.jpg

1963年フジテレビ系列にて放送。横山光輝原作漫画のアニメ化。モノクロ作品。

年代的には生まれる前なので、オンタイムで見てはいません。
が人気のアニメ作品ですので再放送で見ていたと思われ記憶に残っています。
♪ビルの街にガオー と言う主題歌が印象的です。

カラー作品として1980年、1992年、2004年にもアニメが放送されている。
2007年には劇場版アニメも公開されている。
1960年に実写版、2005年実写映画もあったのですが、
こちらは詳しく知りません。


太平洋戦争末期に日本軍が起死回生のために開発し続けた巨大ロボット兵器「鉄人計画」
は南方の島で極秘開発されていたが、開発は難航し「鉄人28号」は戦後になって
現れることになった。開発を担当したのは金田正太郎の父親である金田博士と後に
保護者となる敷島博士であった。鉄人28号を自由に操る小型操縦器を巡って悪漢、
犯罪組織にスパイ団までもが入り乱れる争奪戦に、少年探偵金田正太郎も巻き込まれていく。














手塚治虫の「鉄腕アトム」と並んでロボット漫画の先駆けとなった作品である。
戦後まだ間もない時代の日本の子供達に夢と希望をワクワクを与えた。
また、こちらは日本最古の巨大ロボット漫画であり、日本最古の巨大ロボットアニメである。
物語の初期は鉄人のリモコンを巡る少年探偵正太郎と悪漢たちの闘争を中心に話が進み、
正太郎が鉄人を手に入れてからはブラックオックスやギルバートなどの強力なロボットたちとの
戦いに移り変わる。
巨大ロボット同士の戦いを中心に繰り広げられる痛快活劇は、当時の少年たちの間で
絶大な人気を誇った。










posted by 赤龍 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしのTVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック